バス釣り好きが綴るただのブログです

趣味バス釣り日記

*

フリックシェイク(ジャッカル)の使い方

投稿日:2014年9月13日 更新日:

ジャッカルのフリックシェイクは、細長系のワームではトップクラスの知名度・人気ですね。

ノーシンカーではカットテールと並んで、一軍という方も多いでしょう。

3.8-4.8インチは、坊主のがれにバスがいればどこでもサイズ問わず釣れます。

5.8以上は、ダウザーこと秦プロのバイーンでも有名ですが琵琶湖などサイズを狙う時に良く使用されています。

良く釣れる使い方

ノーシンカー(オフセット)、ネコリグ、テキサス、なんでもOKですが、自分の中でフリックシェイクを使って一番釣れる使い方は、ノーシンカーワッキーです。

シェイクなども良いですが、投げてラインを張らず、フリーフォールが基本です。

クネクネしながらフォールしている間に食べることが多いのです。

ラインにテンションをかけないと当たりに気づかない場合も多いので、バスがくわえてラインが走ってないかラインの動きに注意です。

着底したと思ったら、バスがくわえてないかチェックする程度にラインを張ってロッドの先できく感じです。生命感が感じられれるようであれば軽くあわせてリールを巻きましょう。

食っていないようであれば少しトゥイッチして数秒放置(2、3回繰り返して回収します。)

どちらかというと、待ちの釣りなので巻きが好きな人にはつらいかもしれません。

ですが絶対に釣りたいという場合に使いたい鉄板ワームですので、坊主のがれには必需品です。もちろん全然バスがいない所に投げているようでは釣れませんが。。。

欠点は艶かしい動きゆえのモロさだと思います。1~3匹釣るとダメになるので安い時に買いだめしておくと良いと思います。

>> 豊富な品揃え、カラーの確認はこちらから
icon

iconicon

フリックシェイクにベストマッチなガード付きフックならこれ
iconicon

-ストレート

Copyright© 趣味バス釣り日記 , 2018 AllRights Reserved.