バス釣り好きが綴るただのブログです

趣味バス釣り日記

*

【シマノ】18アルデバランMGLインプレ!ライテキ・ヘビダンに使ってみた!

投稿日:2018年5月6日 更新日:

久しぶりのリール購入。それが18アルデバランMGL。

注目のバンタムリールと同時に発売された18アルデバランMGL。

見た目、15アルデバランとほとんど変わらないので目立っていないですが、今までのシマノリールが網羅していなかったところを補うスペックが私的に注目です。

買った理由

13メタニウムでは投げにくかった約10g(3/8oz)より軽めのラバージグ、3.5~5gのライトテキサス、7gヘビダン。

13メタニウムでも投げれないことはないのですが、軽めのリグだと小バックラッシュ、糸浮きが一日に何回か発生しストレスに感じていました。

琵琶湖では12アルデバランBFS&8lbラインで5~6インチのネコリグ、ライトテキサスも使いますが、少しパワーが不足しているという所も感じていて、少し太めのライン(10~14lb)で軽めのリグを扱えるタックルが欲しいと考えていました。

その間を埋めるために15アルデバランか16メタニウムMGLを購入しようか検討中のところ、ちょうど良さげなスペックのアルデバランが発売。

糸巻き量

50番スプール 10lb×100m 15アルデバラン
30番スプール 8lb×100m 18アルデバランMGL

18アルデバランは浅溝スプールなので12lb-65mは巻けるため、ジグ、テキサス、7g位のヘビダン用途では十分です。ライトプラッキングの巻物用途なら巻き量が多い15アルデバランも良いと思います。

18アルデバラン発売以降、15アルデバランは釣具屋で在庫処分的な価格で売られているのも見ます。

使用感

実際に使用した感じなんですが、思った通り少し軽めのリグ3.5g、4インチワームのライトテキサスなど、ブレーキを初期状態、外部ダイヤルを調整するだけで、バックラッシュなく快適に扱えます。ラインも12lbなので琵琶湖でも50cm前後のバスでも安心です。

アフターの時期でよく使われるライトテキサスにはもちろん、7gダウンショット、ラバージグなど、欠かせないリールとなりそうです。

陸っぱりもアルデバランがあるとタックル1本だけでもかなりバーサタイルに使えると思います。

-ベイトリール

Copyright© 趣味バス釣り日記 , 2018 AllRights Reserved.